過去のイベント記録



 

和中庵を読む 書物としての建築


会 期

2018年12月11日(火)〜12月16日(日)

午前10時〜午後4時

*入場無料


 

建築物は書物に似ている
施主は書物における著者である
施主の思考を空間化させたものが建築物となる
一つの建築は一 冊の書物として考えられる
すなわち、建築は読まれるべきものである

書物は読書という行為によって様々な解釈が行われる。建築物も所有者の変遷、使用目的の変更、時代背景の変化等により、その都度異なる機能を持ち、その結果、当初の施主の構想とは異なる読まれ方が行われる。 藤井彦四郎によって大正年間に構想された「和中庵」は、第二次大戦後、ノ ー トルダム修道院 とな り、その後ノートルダム女学院中高等学校所有となり、その都度、様々な読まれ方がされてきた。 展覧会「和中庵を読む 一書物としての建築ー 」では、ア ー ト、デザインという視点から和中庵を読み解く試みを行う。和中庵の空間的特色を、和中庵の歴史、物語性を参加者それぞれが読み解き、作品として和中庵の空間に展開させる。


藤本由紀夫


 
ギャラリートーク 11日(火) 14:00 〜 15:00
オープニングパーティ 11日(火) 15:00 ~ 16:00
庭園ガイドツアー・発掘調査解説 13日(木) 14:00 ~ 15:00
出展者によるギャラリーツアー 16日(日) 14:00 ~ 16:00

 
主 催   京都造形芸術大学・京都造形芸術大学大学院
協 カ   ノートルダム女学院中学高等学校
企画者   仲 陸裕(京都造形芸術大学歴史遺産学科教授)
  八幡はるみ(同美術工芸学科教授)
  松井利夫(同通信教育部大学院教授)
展覧会コーディネータ   藤本由紀夫
問い合わせ先   京都造形芸術大学歴史遺産学科 075-791-9244 (平日 09:00〜17:00)
2018年度京都造形芸術大学特別制作研究費助成「芸術による近代建築・庭園遺産の活用」
 
駐車場・駐輪場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。

 
 

 

秋の特別公開(公益社団法人 京都市観光協会 主催)

 

2018年11月23日(金・祝)〜12月2日(日)(16:00受付終了)
見学料 大人600円  ※中学生以下無料 

※学校行事等により見学できない日や時間帯が生じる場合があります。

主催 京都市観光協会 

 
近江商人・藤井彦四郎の邸宅として建てられた昭和初期の名建築。広大な庭園には小川が流れ、山裾の傾斜地を活かして、渡り廊下で繋がれた奥座敷「客殿」と洋館が立ち並びます。彦四郎自身が設計に関わり作り上げた和洋折衷の風雅な建築美と、今回初めて一般公開となる紅葉の庭園がみどころです。
詳しくは以下をご覧ください。
 
京都市観光協会
https://www.kyokanko.or.jp
 
 
 



詳細は こちら


 

 

秋の特別公開(公益社団法人 京都市観光協会 主催)

 

2017年11月24日(金)〜12月3日(16:30閉門)
見学料 大人600円  ※中学生以下無料 
主催 京都市観光協会 

 
近江商人・藤井彦四郎の邸宅として建てられた昭和初期の名建築。広大な庭園には小川が流れ、山裾の傾斜地を活かして、渡り廊下で繋がれた奥座敷「客殿」と洋館が立ち並びます。彦四郎自身が設計に関わり作り上げた和洋折衷の風雅な建築美と、今回初めて一般公開となる紅葉の庭園がみどころです。
詳しくは以下をご覧ください。
 
京都市観光協会
https://www.kyokanko.or.jp
 
 
 

 
 

佐々木真弓・山田えい子 二人展 

会 期: 2017年9月16日(土)〜10月1日(日)
ギャラリートーク:9月16日(土)14:00〜
開催時間 : 木・金 :10:00〜18:00
     土・日・祝 :10:00〜17:00 (18日月・祝は開廊)
入場無料 
詳細はこちら
 


 

高須 英代展 

会 期: 2017年4月24日(月)〜5月7日(日)
開催時間: 平日(月〜金)10:00〜18:00
     土・日・祭日10:00〜16:00
ギャラリートーク:4月29日(土)14:00〜
 
詳細はこちら